クレンジングフリー

ミネラルファンデーションは、その効能だけでなくて手間のかからない点、そして経済的にも節約になると言う点も、良い特徴として挙げることができます。
ミネラルファンデーションと言っても、ミネラル成分100%のものでシリコン成分が入っていないものを選ぶ必要がありますが、そうすればクレンジングも必要がなくなるのです。
よくミネラルファンデーションのキャッチフレーズにもなっていますが、「付けたそのまま寝てしまっても大丈夫。

 

」と言うくらい、肌に自然にいいものだとされています。
そして、実際に私も、ミネラル成分100%でノンシリコンのものもを使用しているので、夜の洗顔の際にはアイメイクだけ目元用のクレンジングシートを使用して、その他はオーガニックの洗顔石鹸のみで洗っています。
クレンジングによる肌の油が取れすぎてしまうということも無くなって、洗顔後の乾燥にも悩まなくなりましたし、何よりもクレンジング代金の負担がかなり軽減できて、その分他の美容に費やせるのでとても嬉しく思っています。
肌に優しい化粧品

 

毎日欠かさず、顔と首のマッサージとスクワット運動をしています。
お金をかけられる余裕がないので、マッサージはすべて素手。
老廃物を下にもっていくイメージで、顔は中心から外、そこから下へ。

 

その後に耳の後ろからあごをなぞるようにして首のリンパマッサージをします。
フェイスラインのひきしめのために、あごのたるみが気になる辺りは特に念入りに。
併せて大きく口を開け、舌を思い切り出して上へ向けたりしても効果的です。

 

スクワットは日に2回ほど、呼吸と姿勢をしっかり意識してゆっくり行うタイプのものを、足がプルプルしてくる位まで(20?30回ほど)を目安に行います。
脂肪の取れない内ももを何とか細くしたいと思って始めましたが、そちらは目立った効果はまだありません。
しかし筋力アップは日々実感します。

 

太ももの裏側が確実にかたくなって、階段の駆け上がりなど以前は途中で足が上がらなくなっていましたが、今は最後まで踏ん張りがきくようになっています。
慢性的な運動不足だった私にしたら、それだけでも大変化です。
筋肉をつけて老いのスピードを遅らせ、シワやたるみをマッサージで予防する…しばらくはこの二つを軸に、お手軽美容を継続してがんばっていきたいと思っています。

 

 

 

内面から美しくなることを心掛けているので食生活には気をつけています。
食物繊維を摂れる野菜、体を温めるよう汁物は必ず取り入れているようにしています。
また炭水化物は夜は控えていて、白米よりも玄米にしています。

 

ネイルやまつげエクステに頼らなくても美しくなるべく、ネイルオイル、まつげに溶液は毎晩塗っています。
また、歯の白さは肌の白さを際立たせてくれたり、清潔感、爽涼感を高めてくれると聞いたことがあるので、オフィスホワイトニング、ホームホワトニングに力を入れています。
最近は色白が主流で人気なので紫外線が気になってくる4月からは日焼け止めをこまめに塗ろうと考えています。

 

そして、クリニックなどで行っている美白点滴などにも興味があるのでやってみたいです。
冷え性なのでほぼ毎日半身浴をし、入浴剤は気分によって香りを分けています。
ヘアケアはオーガニック製品を取り入れています。

 

入浴後ストレッチも最近は日課にしています。
日課にしてまだ2週間ですが、心なしか柔らかく、しなやかになって来たと感じられます。
今後はむだ毛ケア、スキンケアに力を入れてナチュラルで綺麗なオーラある女性を目指します。

 

 

 

私が美容のためにしていることは、月に1回ほど定期的に行っている、体内デトックスです。
使うのは野菜たっぷりのスープです。
インターネットで調べたらたくさん出てくると思うのですが、「脂肪燃焼野菜スープ」というものです。

 

キャベツ、たまねぎ、せろり、ピーマンなどをざく切りにして煮込み、トマト缶とコンソメで味付けした野菜たっぷりのスープです。
これを使って、1週間の食事プログラムが組まれており、それにしたがって1週間を過ごすという感じです。
1日目は野菜とスープだけの日、2日目は果物とスープだけの日、という感じで結構ストイックな内容になっています。

 

プログラムに従い1週間すごすと、だいたい2キロくらいは体重が落ちます。
いわゆるプチ断食系なんですが、栄養たっぷりの野菜スープを使うので、お腹の中から綺麗になります。
お通じが1日目から改善され、それに伴い肌も綺麗になり、汗もたくさんかくようになりました。

 

結構つらいですが月に1回、1週間で体内が綺麗に保てる気がするので、もう何年もこの習慣を続けています。

特別な外出時以外は化粧をしないのが私のなまくらな美容法です。
眉はアートメイクでいちおう形が出来ているし、口紅はどうせすぐに落ちるのでつけません。
アイラインもアートメイクで入れてあって、まつ毛パーマやまつ毛エクステをよく利用するので目元のメイクもなしで済ませています。

 

まつ毛エクステをしているとクレンジングでエクステが落ちやすいので、メイクなしが一番好都合です。
以前に、化粧が濃いめの友達から「通常は化粧品が肌を守ってくれているから、化粧しない場合は特に紫外線に気をつけないといけない」「一気にふける、しみが出来る」と指摘されました。
それから日焼け止めは必ずつけるようにということで、日中用乳液は紫外線カットのものしか使わなくなりました。

 

ノーメイクに口紅だけつけるのも変なので、日焼け止め乳液をつけない唇には、UVカットのリップクリームを塗っています。
そのほかに、運転時間が長いので車の窓ガラスにはUVカット剤を塗布しました。

 

 

 

冷蔵庫の余り野菜を使って、野菜スープをつくっています。
食べ過ぎた翌日や、野菜不足と感じた時はとても重宝する栄養満点のスープです。
これを飲んでいると体調がとてもよく、気分もすっきりする感じで、野菜からパワーをもらう感覚です。

 

肌荒れなどはまったく起こらず、いい状態をキープできています。
つくり方は、通常は捨ててしまうにんじんやだいこんの端の部分、ブロッコリーの芯など、料理には使用しないものを一か所に集めておいて、天日干しにするところから始めます。
通常、天日干しをすると野菜の甘みなどが強くなるなどの効果があるのですが、それと同じ原理です。

 

また、天気がよくなくて干せない日が続く場合などは、冷蔵庫で保存しておきます。
それらをあわせて、まずフライパンにオリーブオイルを大匙1杯程度入れ、フタをして弱火で蒸すような感じで調理します。
オリーブオイルはエキストラバージンがベストです。

 

フライパンのフタは透明な方が中が透けて確認できるので、便利です。
野菜類を焦がさないようにして、フタについた水滴も中に注ぎ込み、一緒に煮ていきます。
野菜類がやわらかくなってくると、水分が出てくるのでしっとりした状態になります。

 

充分やわらかくなったら火を消し、少し冷まします。
粗熱が取れたら、ミキサーで撹拌しなめらかな状態にします。
コンソメなど入れなくても、野菜から出たダシや旨みが凝縮されているのでとても身体に優しいスープが出来上がります。

 

 

 

どんなに顔や身長がありスラッとしている人でも年を重ねていくと自然現象でどんどん身体は衰えてきてしまう。
それを少しでも良く改善するためにはやはり日々の努力の積み重ねが後々にひびいてくると思う。
少しでも若く見られたい、いつまでも若々しくいたいという願望は老若男女問わずもっているものだと思う。

 

私は現在27歳だが、24歳を過ぎたあたりから特に冬は乾燥肌になり夕方にもなるとほうれい線が目立ち悩みの種だった。
そのあたりから自分のライフワークに気をつけるようになり、ここ三年実践していることは、お風呂上がりのリンパマッサージである。
お風呂上がりはまず化粧水と乳液をいち早くつけることは言うまでもないが、ボディクリーム使って、まず首からワキの方にリンパを流す。

 

これは顔の輪郭や鎖骨がスッキリし見た目美しく見える。
そのまま、太ももの付け根からセルライトを潰すように入念にマッサージし、シメはくるぶしからひざ裏ふとももまで肉をもってくるようなイメージで上へ上へとリンパを流す。
終わったあとは、お風呂上がりすぐにクリームを塗っているので保湿効果もあり、血行も良くなり良いこと尽くしである。

 

その甲斐あって足も以前より贅肉が落ち、パンツを履いて外を歩くことが楽しくなった。
これからもこの習慣は引き続き続けていきたいと思っている。

 

 

 

美容・健康のためにエキストラヴァージンココナッツオイルを取り入れています。
年を重ね、痩せにくくなってきたなと思っていたところ、雑誌やテレビで痩せるオイルとして取り上げられていたことから、ココナッツオイルを使用するようになりました。
ココナッツオイルを取ると、体の中の脂肪が燃えやすくなるので代謝が上がり、更に腸をお掃除してくれるため、便秘にも効果があるらしいです。

 

私も長年便秘に悩んでいましたがココナッツオイルをとるるようになってから、少し便秘が改善されたかなという印象があります。
また、ココナッツオイルはスキンケアにも使えるので重宝しています。
元々、乾燥肌・敏感肌なのですが、ココナッツオイルは保湿力が高い割にはベタベタしないので、乾燥が気になっているところに塗っています。

 

ココナッツオイルは天然のものなので、敏感肌の私が使用してもこれまで肌トラブルがおきたこともありませんし安心して使っています。
はじめは、料理に使うオイルを体に塗るのに抵抗がありましたが、使ってみると肌に入っていく感じがするので使用後もサラサラしていて使いやすいです。